M愛すべき人がいて第1話は面白い?つまらない?ドラマ感想

2020年4月18日土の23時15分からテレビ朝日系系列でドラマM愛すべき人がいて」の放送が始まり早くも注目を浴びています。

浜崎あゆみさんとエイベックスの松浦氏の物語を描き歌姫「アユ」の誕生までのストーリーがドラマで語られます。

ドラマ放送前から話題となっていましたが今回はM愛すべき人がいての第1話を見逃してしまった方のためにあらすじや面白いのか?つまらないのか?ドラマの感想をまとめてご紹介したいと思います。

Sponsored Link

ドラマM愛すべき人がいて第1話の放送が4月18日土よりスタート

ドラマM愛すべき人がいての主演で浜崎あゆみさんの役を演じるのは安斉かれんさん。

カリスマプロデューサーの松浦氏(マックス・マサ)役を演じるのが三浦翔平さんです。

鈴木おさむさんが脚本を務めておりドラマのテーマは「愛のどろ沼」というかなり攻めた内容のドラマとなっています。

ドラマ放送時からツイッターではツッコミの投稿が溢れており

「マサが三浦翔平とか美化しすぎ!!」

「小室哲哉の再現度で爆笑した」

「安斉かれん棒読みすぎてやばい」

「田中みな実の演技攻めすぎ」

などとツッコミどころ満載のドラマ展開となっています。

大映ドラマか昼ドラかのようなクオリティで良い意味で期待を裏切られた人が多かったようです。

 

ドラマM愛すべき人がいて第1話のあらすじ

ドラマ愛すべき人がいて第1話を見逃してしまった方に向けてドラマのあらすじをご紹介したいと思います。

1993年、福岡から祖母の幸子(市毛良枝)と一緒に東京へ上京してきたアユ(安斉かれん)。

東京の芸能界で売れて家族の生活を楽にさせてあげたいと思いを持っていたがなかなか売れずに高校に通いながらエキストラの仕事をする毎日を送っていた。

そんなある日、歌手を目指している友人の玉木理沙(久保田紗友)から六本木のディスコ・ベルファインで、

A VICTORY」というレコード会社のカリスマプロデューサーであるマックス・マサ(三浦翔平)が次のスターになる人物を探していると知ったアユは理沙と共にベルファインに行くことになる。

一方で会社の売り上げをカリスマプロデユーサーの輝楽天明(新納慎也)だけが担っていることに危惧したマサは社長の大浜(高嶋政伸)に他のヒットを出さないと未来はないと進言をするが大浜は聞く耳を持たなかった。

そんなマサに眼帯をつける謎の秘書・姫野礼香(田中みな実)は

「私は昔からあなたのすごさを知っている」と優しい言葉をかける。

その夜にいつものようにベルファインのVIPルームに赴いたマサは部下の荒川(白濱亜嵐)に

「お前が売れると思うやつを連れてこい!」

と指示をだすとフロアから流川は次々と女の子に声をかけてVIPルームへと連れて行くのだった。

その中には荒川がイチオシであった理沙と無理についてきたアユの姿があった。

緊張をしながらマサの前に並んだアユだったが女の子の顔を見て次々と切り捨てていくマサの態度に反抗をしてしまう。

しかし翌日、自分に向かって堂々と意見をしたあゆに初めて心を動かされたマサからアユに1本の電話が入る。

マサはアユに何度も歌を歌わせて歌手になれという。

マサはアユを本気でプロデユースしようと考えていたがアユが中谷プロダクションという大きな芸能事務所に所属していたことが壁となっていた。

礼香のちくりにより大浜が中谷(高橋克典)にマサがアユを引き抜こうとしていることを知る。

中谷はそれを阻止しようとするがアユは事務所を辞めると告げてマサのところへ急ぐ。

礼香の陰謀によりストーカーと疑われマサの待つレストランに入れないアユはレストランの庭園で歌い出す。

歌声がマサに届きマサはアユを迎えにくる。

事務所をやめるって言ってきたから歌手にはなれないかもしれない。歌いたいのに。

と涙をするアユにマサは叫ぶ。

順番なんてどうでもいい!うちに来い。俺のところで歌手になれ!俺がお前を選んだんじゃない、神様が選んだんだ。

俺の作った虹を渡れ!

アユも虹を渡ることを誓うのだった。

 

ドラマM愛すべき人がいて第1話は面白い?つまらない?ドラマ感想

ドラマM愛すべき人がいて第1話は面白いのか?つまらないのか?

ネットの感想をまとめてみました。

 

・インスタでもツイッターでも一切このドラマについて触れない浜崎あゆみ。どうやら笑い者にされているという自覚はあるようだ。

・田中みな実さんは演技が上手いはずなのにあれは演出なのか?

・主演が大根で見ていられない。あゆのイメージが更にダウンすること必至

・ドラマ化するって時点で何も期待してなかったけど逆にある意味期待を裏切るトレンディー感がすごかった

・よくこれだけ思い切った演技指導をしてくれた!

Sponsored Link

などと面白いとつまらないが分かれた感想となっていました。

確かに純粋に浜崎あゆみさんのシンデレラストーリーとしてドラマを見たいという方にとっては芝居があまりにも古臭く嘘くさい感じなのでつまらないと感じてしまうかもしれませんね。

逆にこれは豪華なコメディドラマなんだと思って見ればツッコミ所満載でツイッターでツッコミを入れながら笑いながらドラマを楽しめるかもしれませんね。

 

M愛すべき人がいて第1話は面白い?つまらない?ドラマ感想

さて今回はM愛すべき人がいて第1話は面白い?つまらない?ドラマの感想と題しましてあらすじやネットの感想などをまとめてきましたがいかがだったでしょうか?

個人的には予告動画だけでも大爆笑してしまう程だったのでとても面白いドラマだと思いました。

平成という時代のカリスマ歌姫として歴史を作ってきた浜崎あゆみさんを描いたドラマというだけあって今後の放送も世間では注目を浴びると思うので次回からの放送も楽しみに待っておきましょう。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。