努力を継続する方法|継続は力なりを実践するための5つの秘訣

2019年11月23日


「ダイエット」「禁煙」「英語の勉強」
を毎日継続して行おうと思っても最初はやる気があっても三日坊主で終わってしまったり途中で誘惑に負けてしまい気がついたら漫画を読んでいたりゲームをしていたり、
目標を持っても毎日それを継続することはなかなか難しいものです。


それでは何故人は目標を設定してもそれを毎日継続していけないのでしょうか?
意思が弱いから。努力が足りないから。モチベーションが維持できないから。

色んな理由が浮かぶかもしれませんが実は継続する方法を知らないから途中で挫折してしまう人がほとんどなのです。

そこで今回は継続力を身につけて目標を達成できるための5つの秘訣をご紹介したいと思います。
この5つの秘訣を知ることで目標を達成するための継続するための方法をよく理解できるようになるのでじっくりと読み進めて下さい。

①目標は小さくすぐ達成できるものにする

まず最初に大切な秘訣は目標を設定するときに遠くの大きな目標だけを設定するのではなくすぐに達成できるような小さな目標を設定することです。

遠くの大きな目標は達成するまでに時間と労力がかかるのでそれまでにやる気が低下してしまう可能性が高いです。

大きな目標は小さな目標の延長線上にあるのでまずは小さな目標をクリアすることに焦点を絞ります。

小さな目標を達成したらご褒美を自分に与えたりしながら達成感を味わいながら行っていくと毎日継続して努力ができるようになっていきます。

②目標を達成した時の印を毎日つける

目標を達成していくためには毎日の継続の積み重ねが大事になってきます。
そのためには毎日達成したことが目に見える形に残すことで人は達成感を感じ継続ができるようになります。


ですので1日のノルマをクリアしたらカレンダーにチェックを入れたり日記に印を残したりしておくと毎日の継続した行動を視覚的に見ることができるのでオススメです。

毎日チェックを入れること習慣化されチェックが入らない日を作りたくないと思うようになるので自然と継続が続くようになります。

③できるだけ簡単な作業を継続する

最初に継続する目標を設定する時にありがちなことですが、
達成するのが難しい目標を設定してしまうと途中で挫折してしまう可能性が高いのでできるだけ簡単なハードルの低い目標を設定するようにしましょう。

「朝英語の勉強を2時間する」

という目標だったら

「朝10分でもいいから英語の勉強をする」

というくらい簡単な目標にした方が長期的に継続しやすいです。

④やる気は継続しないことを知っておく

人間のやる気というものは熱と一緒で常に続くものではなく上がったら必ず徐々に冷めていくものです。

ですので最初のやる気が上がったモチベーションをずっと長期的に維持することはそもそも無理だということを最初から知っておく必要があります。

そうすることでやる気が出ない日も自分を責めるのではなく工夫することで継続できるようにしていくことが大切です。

この工夫ができるかどうかが継続できる人とできない人を分けることに繋がります。
やる気が出ない日も1日のノルマを達成できるようにするための工夫を作るようにしましょう。

⑤最も大事なのは1日も休まないこと

最後に最も効果的で大事な継続するための方法は1日も休まずに毎日1日の目標を達成していくことです。

何かを継続するということの本質は習慣化させるということです。
習慣化さえできてしまえば無意識に自然と継続はできるようになります。

1日も休まないことで毎日やるのが当たり前だという状況を作ることができ逆にたまに休んでしまう時があると習慣化が乱れ休むための言い訳ばかり考えるようになってしまいます。

「今日は疲れているからやらなくてもいいかな・・・。」

という思考が生まれないように毎日やらないと気持ちが悪いというくらい徹底的に習慣化させてしまうことが一番シンプルで継続する方法としてはベストです。

さて努力を継続する方法|継続は力なりを実践するための5つの秘訣についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

継続は力なりという言葉が重要だと分かりながらも今まで努力しようと思ったことが続いた試しがないという人でも今回ご紹介した5つの秘訣を実践していけば継続力を誰でも上げることができます。

目標を達成して理想の未来像を手に入れるためにも今回ご紹介した継続するための5つの秘訣はよく学んでおくようにして下さいね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。