岡田晴恵の経歴や学歴は?出身大学はどこ?今話題の人!!

芸能人

コロナウイルスの感染が拡大する一方で毎日報道が続いていますが、それと同時に数多くのテレビ番組にコメンテーターとして出演している岡田晴恵教授。

毎日のようにニュース番組やワイドショーで彼女を見かけるので岡田晴恵教授が気になっている人も多いと思います。

今回は岡田晴恵教授の経歴や学歴。出身大学についてもご紹介したいと思います。

 

岡田晴恵の経歴は?著書まとめ

岡田晴恵教授は1963年生まれの57歳で現在、白鴎大学教育学部教授の特任教授で感染免疫学・ワクチン学・公衆衛生学・児童文学などを専門にしています。

Sponsored Link

感染免疫学の専門家ということでコロナウイルスのコメンテーターとして数多くのテレビ番組に出演をしています。

他にも経歴として、

厚生労働省国立感染研究所ウイルス第三部研究員・(社)日本経済団体連合会21世紀政策研究所シニア・アソシエイトなどがあり、

学協会活動は日本公衆衛生学会・日本ペンクラブ・日本児童文学者協会などがあります。

経歴からしてもかなりウイルスに対しての幅広く深い知識を持っている方だと分かると思います。

現在の役職の白鴎大学の「特任教授」というのは正規の教員とは異なる雇用形態で5年程の一定期間大学と雇用契約を結び教授として就任しているようです。

岡田晴恵教授の主な著書は

「人類VS感染症」(岩波ジュニア新書)

「感染爆発にそなえる――新型インフルエンザと新型コロナ」(共著、岩波書店)

「強毒型インフルエンザ」(PHP新書)

「なぜ感染症が人類最大の敵なのか?」(ベスト新書)

「感染症とたたかった科学者たち」(岩崎書店)

「うつる病気のひみつがわかる絵本シリーズ」(ポプラ社)

「学校の感染症対策」(東山書房)

など数多くの著書があります。

 

岡田晴恵の学歴は?出身大学はどこ?

岡田晴恵教授の学歴・出身大学を調べてみましたが

最終学歴・学位は共立薬科大学院薬学研究科・前期・薬学修士/順天堂大学大学院医学研究科・後期中退・医学博士となっておりドイツマールブルク大学医学部ウイルス学研究所に留学も行っています。

順天堂大学大学院は後期中退となっているので出身大学は共立薬科大学大学院となります。出身高校については調べて見ましたが公表はされていないようです。

なお共立薬科大学は2008年に慶應義塾大学と合併をしているので現在は慶應義塾大学薬学部・慶應義塾大学院薬学研究科となっています。

 

岡田晴恵のネットの評判は?

連日テレビに引っ張りだこの岡田晴恵教授のネットの評判をまとめてみました。

やはりコロナウイルスについての専門的な知識があり芯がありブレない意見をテレビで連日に渡り述べている岡田晴恵教授を応援したり賛同する声が多いようです。

Sponsored Link

様々な情報が溢れていて何が本当で何が嘘なのか分からなくなってしまっている今、こういった専門的な知識のある人の発言は信頼することができる貴重な意見ですよね。

 

岡田晴恵の経歴や学歴は?出身大学はどこ?今話題の人!まとめ

今回は今コロナウイルスのコメンテーターとして連日のテレビ出演で話題となっている岡田晴恵教授の経歴や学歴・出身大学についてもまとめてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

全国の学校が休校になるなどコロナウイルスの感染の拡大が広まっていますが岡田晴恵教授のように影でほとんど休まずにテレビで国民にコロナウイルスに対する正しい情報を発信してくれる専門家は貴重な存在ですよね。

これからもテレビやニュース番組で岡田晴恵教授の発言に注目をしてコロナウイルスに対する万全の対策を行うようにしましょう。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事↓

岡田晴恵教授の年齢は?結婚して旦那と子供がいる?発言がおかしいと話題!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました