超勉強法!!効率の良い勉強の効果がグングン上がる方法8選

2019年11月23日

試験勉強や受験勉強をしている時に

「もっと効率の良い勉強方法はないかな?」

と思ったことはありませんか?

いくら勉強してもなかなかテストの点数が上がらなかったりそもそも勉強のモチベーションが上がらずに集中できないといった悩みも多いかと思います。

そこで今回は勉強の効果がグングン上がる東大生も行っている効率の良い超勉強法をご紹介したいと思います。

どれも簡単な方法なのでこの記事を読んだら明日からの勉強に取り入れてみてくださいね。今まで味わったことのないような効率の良い勉強の効果を実感できると思います。

まずは机に向かい問題集を開く

勉強を始める時に最も重要なのはやる気が無くても

「まずは机に向かい問題集を開く」

ということです。

「今日は疲れているから勉強をする気になれない。」

という日があるかもしれませんがまずは机に向かい問題集を開くということを目標にしてみて下さい。

学校やバイトに行きたく無い日もいざ始まってしまえばやるしかないですよね?

それと同じでまず問題集を開くところさえできれば1ページ、2ページと勝手にあとは少しずつモチベーションも上がってきます。

ですからまずは形から入ることが重要です。

スマホの電源を切って勉強する

勉強を効率よく行う為にはスマホの電源は必ず切っておきましょう。
勉強中にSNSの通知が入ったりラインが来たりしてはせっかく勉強に集中していても途中で集中が途切れてしまい、

気がついたらスマホを10分もいじってたということになりかねません。
スマホは休憩時間に触るようにしてそれ以外は必ず電源を切って勉強を行うようにして下さい。

7回教科書を繰り返し読んで脳に勝手に覚えさせる

これは東大生が実際に行っている勉強法ですが

「7回読み」

という勉強法です。

この勉強法のキモは途中で止まることなく繰り返し読むということです。
最初はなかなか理解できないかもしれませんが心配ありません。

人間の脳は繰り返し勉強することで学習能力が上がるので2回、3回、4回と繰り返し勉強することでだんだん覚えられるようになっていきます。

7回学習した頃には完璧に教科書をマスターしたと言える状態になるので覚えるのが苦手だという人にはおすすめです。

1冊の問題集を3周勉強して完璧に覚える

色々な問題集に手をつけれ結局どれも中途半端になってしまうという経験はありませんか?
そんな時に勉強の効率を上げるために同じ教科書を3周繰り返し勉強するようにしましょう。

その時に1周目、2周目、3周目と回数に分けて異なる勉強をすることで学習の効率がグンと上がります。

1周目は速読で、2周目はノートに写しながら、3周目は音読をしてなど工夫をして勉強を行うようにしましょう。

ストップウォッチを使って勉強をする

東大生や勉強が優秀な人がよく行っている勉強法がストップウォッチを使って勉強する方法です。
試験でなかなか良い点が取れなかったり、勉強のモチベーションや集中が続かない人にオススメの方法です。

ストップウォッチを使うことで1日に勉強した時間が数字として見れたり、勉強中に時間のプレッシャーを感じることで勉強の達成感が得られたり効率を上げることができます。

現役の東大生も1日中ストップウォッチを使用して勉強している人もいるくらい効果がある勉強法です。

早朝に起きて勉強をする

勉強は夜やって深夜まで起きているという夜型の人も多いと思います。

しかし最も効率の良い勉強方法は夜は早く寝て朝早く起きて勉強する朝方の勉強法です。

これは人間の身体のサイクルが夜日が沈むと眠り朝太陽が昇ると起きるという風にでできているので日が昇る朝は身体も脳も起きていて活力に溢れているので朝勉強する方が効率的なのです。

ですので今夜型の勉強を行っているのなら早寝早起きをして朝方のサイクルに変えた方が効率的に勉強が進むようになります。

少なくとも23時には寝て5時位には起きて勉強を行うようにしましょう。

勉強時間を短く区切って休憩を入れて勉強する

勉強をやろうと思っても最初の3日は1日続けて10時間くらい勉強していたが1週間後にはモチベーションが下がり気がついたら勉強を全くない日が増えていたということはよくある話です。

そこで勉強のモチベーションを維持するためにも勉強時間は細かく区切って小まめに休憩を入れるようにしましょう。

基本的には40〜50分に1回は10分位の休憩を入れるようにしましょう。
1日2時間勉強すると決めたら50分勉強して10分休憩を2セット行うようにします。

そうすることで続けて2時間勉強するよりも集中が続き効率よく勉強することができます。
無理をして勉強のスケジュールを立てるとそれがストレスとなり勉強が続かなくなってしまうので余裕のある勉強のスケジュールを立てるようにしてみて下さい。

勉強に集中する時用の服装に着替える

これはあまりやっている人がいませんが、勉強に集中する時用の服に着替えて勉強をするというのもオススメの方法です。

部活動をやっていたら分かると思いますが試合の時ユニフォームに着替えるとやる気が出て頑張ろうと思えたり、

バイトの時、仕事の制服に着替えると仕事のスイッチが入ったりしますよね。

それと同じで勉強に集中したい時は勉強用の服を1着用意しておくといいです。
理想はオフィスカジュアルくらいの服装でワイシャツやジャケットなどがいいですね。

家で勉強をする時はパジャマやだらっとした服装になりがちでやる気のスイッチも入りにくいので是非服装にもこだわってみて下さい。

さて超勉強法!!効率の良い勉強の効果がグングン上がる方法8選というタイトルでご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

東大に合格したりテストで毎回上位に入る人というのは勉強時間より勉強の効率を重視している人が多いです。

ですので今回ご紹介した勉強法を実践して勉強の効率が上がる勉強法をマスターして勉強を楽しみながらやるというのが重要です。

勉強が楽しくなってきたら自然とテストの点数も上がりモチベーションが上がったり集中力が維持できるようになりますので是非試してみて下さいね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。