集中力がない人の特徴や原因は?劇的に改善させる3つの方法!

2019年11月23日

勉強や仕事をしている時になかなか集中力が続かないって時がありますよね。自宅で勉強していたら気がついたらテレビやゲームをしていたとか、仕事中につい眠くなってうとうとしてしまったり。

そこで今回は集中力がない人の特徴や原因について、そしてその改善方法について記事にまとめました。


この記事を読むことで集中力を上げてより効率よく勉強や仕事ができるようになるので是非学んでいってくださいね。

集中力がない人の特徴や原因は?

集中力がない人の特徴や原因としてあげられるのが長時間勉強や仕事をして集中力が低下してくると

「脳が疲れてきて集中力が落ちてきた。」

と思うことです。しかし実はこの疲れは肉体的な疲れであって脳は疲れることはないのです。
脳が疲れることはないというのは当たり前で眠っている時でも脳は活動をしていて完全に休む時は命が絶えた時です。

ですので集中力がない人は

「脳が疲れてきたからまた明日やろう」

という風に集中を切らしてしまうのですが脳は物理的な作業では疲れません。脳の働きは

「信念の大きさ」

によって変わると言われており集中力が低下する原因は肉体的な疲労と大きな信念がないからだと言えます。

ですので脳は疲れ知らずで集中力は「信念の大きさ」によって変動するということさえ知っていればj集中力に限界が無いことが理解できると思います。

集中力がない人の特徴や原因はこの脳のメカニズムを知らないからだと言うことができます。

低下した集中力を改善させる方法

1.まずは1分作業することを目標にする

集中力やモチベーションが全く沸かずにやる気が出ないという時はまず1分だけでもいいから机に向かってノートを開く、パソコンを開くといった作業を行ってみてください。

そうすると作業を開始したことにより脳内からドーパミンが分泌されるようになり作業の意欲が沸いてくるようになります。


そして1分間がたったら今度はあと5分だけ作業をすると決めて作業を行いさらにドーパミンが出てくるようにします。そうすることによって数時間の作業も行えるようになります。

2.休憩をしっかりととる

人間の集中力には限界があり最も効率よく集中力を継続させるには15分経過ごとに休憩をとることです。

しかし15分で休憩をとるのはなかなか難しいので勉強や仕事で最低でも2時間に1回は10分〜15分の休憩を取るようにしてください。

が疲れている場合は目を瞑って休めるようにしてください。
この時休憩の際に大切なことは勉強や仕事から完全に離れて体をリフレッシュさせることです。

室内で勉強や仕事を行なっている場合は外に出て新鮮な空気を吸って体を伸ばしてみるのがいいでしょう。

3.段取りを決めておく

計画を立てずに行き当たりばったりであれもこれもと作業をしていては集中できる物もできなくなってしまいます。

勉強や仕事を行う前に

「これはどれくらいの時間かかるだろうか?」

「これとこれではどちらが優先順位が高いだろうか?」

など段取りを決めておくようにしましょう。作業を行う前からきちんと段取りができているとより効率よく集中して進めることができます。

さて今回は集中力がない人の特徴や原因は?劇的に改善させる3つの方法!
について記事をまとめてきましたがいかがだったでしょうか?

集中力が上がれば今までやってきた勉強や仕事の効率が上がりそれだけ吸収できる量が増え時間の短縮にも繋がるので是非この機会に集中力について学んだことを日頃の生活に生かしてくださいね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。