横田滋の学歴は?入院の病院は川崎市のどこ?お別れの会が後日開催

トレンドニュース

横田滋の学歴は?入院の病院は川崎市のどこ?お別れの会が後日開催

北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父親である横田滋さんが6月5日の午後2時57分に入院先の病院で老衰のためお亡くなりになられ訃報がニュースとなっています。

娘さんの横田めぐみさんに会うことができずにお亡くなりになられとても無念だったことかと思います。

今回は横田滋さんの学歴や入院先の病院は川崎市のどこだったのかについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
 

横田滋の学歴は?職業は日銀職員?

1932年徳島県生まれ。日本銀行名古屋支店勤務時に早紀江さんと結婚し、64年に長女めぐみさんが誕生。転勤先の新潟市で77年11月15日、めぐみさんが失踪した。オバマ米大統領(当時、左手前)と面会する横田滋さん(右から2人目)、早紀江さん(右端)夫妻=2014年4月、東京・元赤坂の迎賓館(内閣広報室提供)オバマ米大統領(当時、左手前)と面会する横田滋さん(右から2人目)、早紀江さん(右端)夫妻=2014年4月、東京・元赤坂の迎賓館(内閣広報室提供)日銀を定年退職した後、97年にめぐみさんが北朝鮮に拉致されたと判明したことを受け、全国の拉致被害者家族らと「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」(家族会)を結成。自ら代表に就任し、早紀江さんとともに救出を訴える署名集めを始めた。全国各地で活動を続けてきたが、2005年ごろから体調が悪化。07年には胆のうの摘出手術を受け、家族会代表も退任した。これ以降も活動は継続し、講演会は1300回を超え、13年4月には、目標だった1000万人の署名を集めた。14年3月には、めぐみさんの娘キム・ウンギョンさんとモンゴルで初めて面会した。18年4月に体調不良で入院して以降、集会などを欠席しており、19年5月に来日したトランプ米大統領と拉致被害者家族との面談にも姿を見せなかった。

引用:時事ドットコムhttps://www.jiji.com/jc/article?k=2020060501108&g=soc

横田滋さんがお亡くなりになり日本中に悲しいニュースが報じられています。

・横田滋(よこた しげる)
・生年月日:1932年11月14日
・出身:徳島県
・学歴:北海道札幌南高等学校卒業

横田滋さんは北海道北海道札幌南高等学校卒業に日本銀行の札幌支店の職員として就職をしています。1962年に妻の早紀江さんと結婚をしてその後日本銀行名古屋支店に転勤をしており1964年に娘の横田めぐみさんが生まれました。

その後日本銀行広島支店、新潟支店と転勤を繰り返し1977年の横田めぐみさんが13歳の時に北朝鮮に拉致拉致されました。

日本銀行は1993年に定年退職をされています。

スポンサーリンク
 

横田滋の入院の病院は川崎市のどこ?

横田滋さんは入院中だった川崎市の病院でお亡くなりになられたと訃報がニュースで流れましたがどこの病院に入院をされていたのでしょうか?

https://twitter.com/JAZZTAKO/status/1268880423192457217

マスコミの報道では鋼管病院に入院していたと報道がありました。現在鋼管病院周辺には報道人が詰め掛けておりニュースを見た視聴者からは大非難を浴びている現状です。

わざわざ病院にまで押し寄せて報道する意味があるのかと思ってしまいますね。。

横田滋の学歴は?入院の病院は川崎市のどこ?お別れの会が後日開催まとめ

今回は横田滋さんの学歴や入院先の病院はどこだったのかについて記事をまとめてご紹介しました。

横田滋さんのご冥福を心からお祈りいたします。

スポンサーリンク
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました