鬼滅ロスとは何?意味は?ツイッターの感想・声まとめ

吾峠呼世晴さんの描く人気漫画『鬼滅の刃』が、5月18日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)24号で約4年3ヶ月の歴史に幕を下ろし最終回を迎えました。

ツイッターでは「鬼滅完結」がトレンド入りし「鬼滅ロス」という言葉で溢れています。

スポンサーリンク
 

今回は「鬼滅ロス」とは何か?意味についてとツイッターの感想・声をまとめてご紹介したいと思います。

 

鬼滅ロスとは何?意味は?

人気漫画『鬼滅の刃』(作者:吾峠呼世晴)が、18日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)24号で最終回を迎え、約4年3ヶ月の歴史に幕を下ろした。ネット上では「連載お疲れ様でした!」「すでに鬼滅ロスの気分」「月曜日の楽しみが減った…」などと感想が投稿され、ツイッターでは「鬼滅完結」が日本トレンド1位になっている。 【写真】物語完結も短編が掲載決定!公開された炎柱・煉獄のイラスト 前号では「次号最高潮」「超クライマックス」と次号予告されていたが、『最終回』『完結』という表記がなく、ネット上では「次が最終回?」「新章開幕か?」など今後の展開を予想する声が相次いでいた『鬼滅の刃』。結果的に、コミックス累計発行部数6000万部を突破したばかりの作品が、人気絶頂の中で最終回を迎えた形になった。 ラストページでは「長きに渡るご愛読、本当にありがとうございました!吾峠先生の次回作にご期待ください!」、巻末ページでは吾峠氏が「ありがとうございました!応援してくださった皆様の幸せを心から願います」と読者へ感謝の気持ちが伝えられている。 人気絶頂の中での完結にネット上では「この最高潮なタイミングで終わらせるのも良い」「アニメから入った者ですが、お疲れ様でした!」「人気絶頂期で連載を終わらせるなんて、20年前、10年前には考えられない出来事」などと、驚きつつも無駄のないストーリー展開を毎週読めたことに感謝の声。 また「完結でああもう月曜日の楽しみなくなった、、病んだ」「伏線回収されていない部分もあったので、ちょっと物足りなさはあるんですよね…。もうちょっと読みたかったな」「えっ!終わっちゃったの? 続く予想展開していたのに驚き」「来週から楽しみ減っちゃった…」「月曜日の楽しみが…、生きる希望が…、ストレス解消が…、鬼滅ロスだ…」と連載終了を惜しみ、早くも“鬼滅ロス”の声が出ている。

引用:ヤフーニュース

「鬼滅ロス」とは気滅の刃の連載が終了してしまって気持ちが落ち込んでしまったり楽しみが無くなってしまったことに対する心のロスを表す言葉です。

よく人気ドラマの放送がしたり人気の芸能人が結婚すると〇〇ロスという言葉が流行になりますよね。

 

鬼滅ロスのツイッターの感想・声まとめ

ツイッターで溢れている「鬼滅ロス」についての感想や声をまとめて見ました。

スポンサーリンク
 

======================

みんなおはよー太陽の光 もうお昼だけど笑 鬼滅の刃 が完結した事に驚きを隠せませんが もうすぐおわるのかな…と思っていたので こんな素晴らしい作品に出会えた事に感謝感謝です。手 鬼滅ロスになるだろうな〜 と、思いながらも読み返しまくります。あ、単行本派なので発売を待ちます

======================

ワニ先生、連載お疲れ様でした。鬼滅の刃という作品に出会えて、無一郎に出会えて、本当に本当に良かったです。最終回、あの2人もまた双子として転生して生まれてくれて、涙が止まりません。ありがとう…しばらくは鬼滅ロスが続くと思うけど、これからも大好きです。

======================

 

鬼滅ロスとは何?意味は?ツイッターの感想・声まとめ総括

さて今回は鬼滅ロスとは何か?意味についてやツイッターの感想や声をまとめてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

鬼滅の刃が連載が終わってしまって残念ですが吾峠呼世晴さんの次回作に期待したいですね!

スポンサーリンク
 

漫画

Posted by kishira1218