全国高校野球選手権・夏の甲子園中止の発表はいつ?過去の事例は?

全国高校野球選手権・夏の甲子園中止の発表はいつ?過去の事例は?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で8月開催予定だった第69回全日本大学野球選手権大会の中止が発表されたことが話題となっています。中止は大会史上初めてということで大きなニュースとなっています。

スポンサーリンク
 

今回は第69回全日本大学野球選手権大会の中止に伴い全国高校野球選手権・夏の甲子園は中止になるのか?発表はいつ?過去の事例についてもご紹介したいと思います。

 

全国高校野球選手権・夏の甲子園は中止になる?発表はいつ?

第69回全日本大学野球選手権大会が中止になったことで2020年の全国高校野球選手権・夏の甲子園が中止になるのではないか?とネットを中心に話題となっています。

=====================

今年のインターハイは、東京五輪の影響で分散開催となり資金難で開催が危ぶまれていた。 コロナが無くても、そっちの理由で開催中止になっていたら、インターハイ中止なら甲子園中止にしろと言っている人たちはなんと言っていたのだろうか

=====================

7月の名古屋場所は東京に移して無観客開催を目指すという。10月の秋巡業も取りやめる。 大学野球の春季リーグ(延期のうえ、規模縮小が決まっている)や高校野球の全国選手権(甲子園大会と予選)の開催可否に関心が移るが、こちらも厳しい状況だ。 気持ちが沈む

=====================

学校のカリキュラムを取り戻す為に授業を詰め込むと、授業優先で部活動や大会は全て中止にせざる得ない。 感染者が7〜8月0になっても夏の甲子園中止になるだろう=====================

高校野球も甲子園は恐らく絶望的やろな冷や汗をかいている顔それはどのスポーツにも当てはまるんやが、3年生がホントに不憫でならんわ!!マーク冷や汗をかいている顔やって欲しいのは山々やが、命有って初めて出来るワケやからな冷や汗をかいている顔まぁ中止を決める大会委員もホント苦渋の決断やから、それをまた責めるのもまた筋違い冷や汗をかいている顔安全、命考えての決断やし=====================

スポンサーリンク
 

高総体も中止になって、ましてやプロ野球だって延期になってる中、甲子園だけは特別だからやりたいって何を言ってるんだって感じだよね。 他の競技の高3は、悔しい思いをして引退してるんだから 野球だけ特別じゃなくて、高総体もみんなが特別な思いでやってんだよ。=====================

やはり甲子園が中止になるのではないか?と心配する声が多いようですね。他のスポーツやイベントも中止が相次ぐ中甲子園だけ特別扱いするのはおかしいという声も多く見られました。

夏の甲子園の中止の発表はいつになるかについてですがまず夏の甲子園が開催か中止かについては5月20日に協議することが分かっています。

全国高校総体(インターハイ)2020の中止が既に決まっているのでこのままの流れでいくと夏の甲子園も中止になってしまう可能性は高そうですね。

全国高校野球選手権・夏の甲子園中止の過去の事例は?

全国高校野球選手権・夏の甲子園が中止になった過去の事例があるか調べて見たところ過去にも6回程中止になったことがあることが分かりました。

最初の中止は1918年で米騒動が原因となり中止となっています。次に1941年に夏の甲子園が太平洋戦争の影響で中止となっています。

そして1942年から1946年の間は第二次世界大戦により中止が続いています。

歴史に残るような大きなことが起きた時には夏の甲子園が中止になってきたようですね。今回のコロナウイルスも将来歴史に名を残すことになってしまうのでしょうか。。

全国高校野球選手権・夏の甲子園中止の発表はいつ?過去の事例は?

さて今回は全国高校野球選手権・夏の甲子園中止の発表はいつ?過去の事例は?について記事を書いてきましたがいかがだったでしょうか。

できれば夏の甲子園は中止になって欲しくないですがこのままの流れですと中止になってしまう可能性が高そうですね。今後のニュースにも注目していきましょう。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク